聴覚障害者でも習得できる!英語勉強法

こんにちは

聴覚障害を持ちながらも3つ言語勉強しているあき(@akii0205)です。

初対面の人に自己紹介をするとき、言語勉強が好きです!というのですが、英語だけでなく、中国語、フランス語と3言語を勉強しているというといつも驚かれます。

ですが、勉強するのに聴覚障害って関係ないと思うんですよね。
だって聴覚障害持ってると、「リスニングができないからコミュニケーションとれないんじゃ?」と思われがちですが、言語を勉強する目的ってそれだけじゃないですよね。

例えば、海外旅行してレストランで自分がメニューを見てどんな料理があるのか理解できればイメージできる上に、注文だけならリスニングいりません。

また、会話するとなったとしても、自分はしゃべって、相手には(お手数ですが)書いてもらったり、スマホに文章を打ってもらったりとすれば会話はなりたちます。

言語は4スキル(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)が重要と思われるかもしれませんが、決まったルールがあるわけではありません。

自分が英語の勉強をし、それを楽しめるならそれでいいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は私の英語勉強方法を紹介します。

リスニングは捨てろ!

私は聴覚障害なので、普通の人と違ってリスニングは本当に出来ません。

中高の期末テスト、TOEICや学内の試験のリスニングパートは、全て勘で答えていました笑

よって、TOEICに関していうと、いつも100点から150点を揺れ動いています。
マークシートで4分の1の確率なのでまぁこんなものかと。

ですが、私が言いたいのは、実際の英語を使う状況と、試験の英語の状況というのは、全く異なるということです。

なぜなら私が実際の会話で行っていることは普通の人とは違うからです。

  • 事前に会話の内容が推測しやすいように話題がわかっている。
  • 相手の口元を見て何を話しているのか読む(読唇術)
  • 機械音声じゃなく、肉声の方がわかりやすい。
  • 文脈から聞こえなかった部分を推測する。

というようなことをしているので、いきなり文章がはじまり、何をしゃべるかわからない、おまけに機械音声、という状況のリスニング試験では、内容がわからないのは当たり前のことなんです。

なのでリスニング試験のための勉強は一切しません。

その代わり、リーディング、ライティング、スピーキングの勉強に時間を充てます。

そうすれば、みんながリスニング試験の勉強もしている中、自分は読み書きに注力しているわけですから、その部門だけでみれば、みんなよりもいい点数になりました。

また、そこだけに注力しているので、英語の記事だったり、教科書の文章を読んで理解するのは速くなりますよ。

程度にもよりますが、聴覚障害者がリスニング試験のための勉強するのはナンセンスです。

もし、あなたが学校の試験で英語の試験で規定の点数以上を取らないと、進級できない、もしくは留学に行きたいけど点数が足りないとしましょう。
その点数をカバーするぐらい読み書きの方で頑張ればなんとかなるんじゃないかと思っていたのですが、やっぱり難しいので、私はこうしました。

オランダに留学の際に、私は規定の点数はとれていませんでした。
しかし、学校側に、「私のリスニングの点数は上記の理由から、低いのは当たり前なんです。しかし、リーディングとライティングでは、規定の点数を満たしている他の生徒の点数よりも高いので、留学する資格があるはず!」と訴えることで、留学のための資格をもらうことができました。

こうして私は今、学校の制度を利用してオランダに留学しています。

インプットしまくれ!

リスニング試験のための勉強はしないということで、聞く以外の読み書き話しのための勉強をするわけですが、

とにかくインプットしまくれ!

そうすれば聞く以外の能力はすぐ上がります!

頑張りましょう!

ってそれで英語ができれば苦労しませんよね笑

インプットの方法はたくさんありますが、私が日常的に行っている方法を紹介します。

スポンサーリンク
ad for desktop1 aki25

Youtube

Youtubeは良質な英語学習ツールとして、私もよく利用しています。

ここでは私がよく見るチャンネルを紹介します。

バイリンガール英会話|Bilingirl Chika

この動画のいいところは、字幕です。
ちかさんは本当に字幕の表示に気をつかっているんだなというのがわかるぐらい、英語と日本語の表示がわかりやすいです。

また、英語を勉強していて疑問になりやすいことについて、例文だけでなく、ジョークも交えながら解説しているので、頭に入っってきやすいです。

ちかさんの動画は編集技術が高くて綺麗なので、見ていて飽きないというのもすごいです。
美人なので見ていて飽きない、という点もいれておきましょうかね笑

現在は600以上の動画をあげていますので、最初から見ていくと大変な量になりますが、英語の勉強にはすごくなるので、とてもいい動画だと思います。

ちかさんの動画はこちら

ちかさんは色々なテーマで動画を作っているのですが、再生リストにそれぞれわかりやすくまとめられています。

レッスン動画、旅行で使えるフレーズ、食レポ、留学生活を募集したプロジェクトなど、多岐にわたります。

Hapa 英会話

こちらもちかさんの動画と同じスタイルで、主にレッスン動画を作っています。

こちらのいいところは、レッスン動画の中で、例文だけでなく、クイズのように楽しみながらレッスンをしてくれるというところです。

レッスンといっても、

  • 英会話レッスン
  • 実践型レッスン
  • 体験型レッスン
  • 口語表現レッスン

などと、ただのレッスン動画でなく、自分がまさに英語をしゃべっている、そして上達しているかのような体験をさせてくれる作りになっています。

英語を勉強する!というスタンスではなく、気軽に英語を勉強できるような動画作りになっているのがすごくいいと思います。

もう一つすごいところは、レッスンで紹介した表現をブログでわかりやすくまとめているところです。

発音はYoutubeの動画で、ノートを取りながらじっくり勉強したいときはブログを見ながら、という風な感じに勉強することもできます。

Hapa英会話のYoutube動画はこちら

ブログはこちら

FunForLouis

こちらは個人的に自分が好きなチャンネルで、イギリス人のユーチューバーです。

何をしている人かというと、タダで世界中を旅行している人なんです!

私は旅行が大好きで、趣味として、これまで色々なところを旅行してきたのですが、彼の仕事というのは、1年中世界を旅して回ることなんです!

そしてその旅の記録をInstagramやYoutube、TwitterといったSNSで紹介しています。

Youtubeの動画を見ると自分がそこを旅しているかのような雰囲気になるので、みていて楽しいユーチューバーだと思います。

全部英語なので、多少の英語力がないと何を言っているのかわかりませんが、ある程度の英語力がある場合、字幕があるので、旅行の雰囲気を味わいながら英語を勉強できるのはとてもいいことなんじゃないかなと思います。

FunForLoiusの動画はこちら

私は旅行が好きなので、こういった旅の様子を動画にしているのを見るのが好きなのですが、もちろん、料理や音楽といった自分の好きな分野で英語圏の有名なYoutuberをフォローすれば、楽しく英語を勉強できると思います。

TED

TEDとは(Technology Entertainment Design)の略で、アメリカで講演会を主催するグループです。テッドといいます。

これは楽しみながら英語を勉強することができる最高のツールの一つです。

名前テクノロジー・エンターテインメントとついていますが、実際にはテクノロジーやエンターテインメントの枠を越えたプレゼンもたくさんあります。

英語を勉強するだけでなく、世界中の本当にすごい人たちがすごい努力と工夫をして作るプレゼンなので、内容が本当に面白い!
講演会というと、1時間もかかるような長いのをイメージしがちですが、こちらは数分のものから10〜20分のものがほとんどなので、Youtubeと同じような感覚で、ちょっとした合間に見ることができます。

TEDは公式ホームページがあり、そちらから全ての動画を見ることができます。

日本語字幕があるのでそれを表示させながら見ることができますが、日本語か英語、どちらかしか表示させることができないので、何を言っているのか知りたいときは、いちいち表示言語を変える必要があります。

しかし!

私のオススメするサイトは、英語と日本語を同時に表示させるだけでなく、主語、述語、関係節などを色分けして表示させるという非常に使いやすいようになっています。

Digitalcastといいまして、TEDだけでなく、Youtube上にある洋楽のヒット曲なども同じように表示させることができるので、音楽好きならそちらも勉強材料になるのでいいと思います。

Digitalcastは全てのTED動画を網羅しているわけではないので、観たいプレゼンがない場合もありますが、有名どころは抑えているように思うので英語の勉強には十分だと思います。

TEDの公式ページはこちら

Digitalcastのホームページはこちら

私が個人的に好きな動画をいくつか載せるので、よかったらご覧下さい。

ドラマ・映画を観る

ドラマや映画も英語を勉強するツールの一つとして有効です。
といっても日本のドラマ映画ではなく、アメリカのドラマやハリウッドなどの映画です。

ひとそれぞれ好みはありますが、もしハリーポッターが好きならば、日本語字幕ではなく、英語字幕で観る、というのもひとつです。
そしてその後に日本語字幕で観る。

そうすれば何を言っているのかわからなかった英語も、一度聞いたおかげで、日本語と照らし合わせながら英語を理解することができます。

なかなかレベルが高いので、ある程度の英語力がついてからじゃないと、英語だけで観ていても意味があまりわからないので、面白くないかと思います。
ですが、もしあなたが映画好きで英語を上達させたいと思うならば、とてもいい方法だと思います。

私の好きな海外ドラマは以下の3つです!

グリー|Glee 

プリズンブレイク|Prison Break

ブレイキングバッド|Breaking Bad

単語帳・フレーズ集を作る

インプットの方法を3つ紹介しましたが、単語、フレーズを覚えてもそれをちゃんと記憶しなければ意味がありません。

人によりますが、私はやっぱり書く、というのが一番記憶に残りやすいですかね。

なので、単語帳を文房具屋さんで買ってきて、自分が「これいいな!」と思った単語やフレーズを書きまくっていました。

そうすれば、もう一度どこかで同じ単語やフレーズを見聞きしたときに、思い出しやすいからです。

人によっては、スマホに記録する人もいるでしょうし、書き留めない人もいるかもしれません。

なので自分に合った方法で記録して頂ければと思います。

アウトプットしまくれ!

インプットをしたら、今度はそれを実際にアウトプットしましょう!

言語というのは、インプットしていても、使わなければ忘れてしまうし、衰えてしまうモノなのです。

なので、ここでは私が実際にやっているアウトプットの方法を3つ紹介します。

日記

一番大変な方法かもしれませんが、私にとってはとてもいいアウトプットの方法でした。

なぜなら、日常で使うこと、思ったことをどうやっていうのか?それを考えて英語にするというのは、最も実践的だからです。

また、アウトプットというと、相手がいないとできないと思いがちですが、日記は立派なアウトプットの方法です。

続けるのが大変な日記ですが、最初はワンフレーズ、次は数行、そしてA3サイズを埋めるほど、という風に徐々に増やしていけば、慣れてくると思います。

大事なのは、途切れさせないことです。
一日でも途切れさせると、「まぁいっか」と思ってしまうのが人間なので、また再会するのが難しくなります。

なので、このブログのタイトルのように、継続は力なり!と思って頑張りましょう!

最近は自分の書いた日記を添削してくれるLang-8というサービスがあり、必ず添削してくれる人がいるわけではないですが、ネイティブが直すので、より自然な英語を習得することができます。

Lang-8のサイトはこちら

ネットでペンパルを作る

相手がいなくてもアウトプットはできるとはいっても、やっぱり実際に、生身の人間と英語を使って話してみたいですよね。

今はネット技術が進歩し、どんなに離れていてもやりとりができるようになりました。

ペンパルというのはペンフレンドのことで、文通友だちを意味します。今でいうメル友のことですね。

ネットにはそういったメル友のような友だちを探せるアプリやサイトがたくさんあるのですが、私が実際に利用して、いいんじゃないかなと思ったものを紹介します

Hello Talk

世界の100言語以上のネイティブスピーカーの友だちを探すことができるマッチングアプリです。

アプリ内では、メッセージや音声のやりとりだけでなく、普段の出来事を自分が勉強している言語でみんなに向けて投稿すると、反応が返ってきたり、間違っている文章を直してくれたりします。

割とアクティブなアプリなので、とてもオススメできると思います。

アプリのダウンロードはこちらから

Hi!Penpal!

こちらはサイト上で使うもので、まず自分の情報を登録し、そしてプロフィールを見ながら、自分と趣味の合いそうな人を探してメールします。
そうするとやりとりが始まりますので、話の続く限り、英語を使って生きた会話をすることができます。

有名な語学学習サイトなので、出会い系のようなものではなく、そのような表現や勧誘をしようとすると規約違反で追い出されるそうなので、そういった心配もなく、そこら辺は比較的安心して利用できると思います!

サイトはこちら

とにかく話す

今度はスピーキングの能力を鍛える話です。

これまで話してきた読み書きの英語学習においては、リスニングの必要がないので臆せずに英語を練習することができました。

しかし、スピーキングを鍛えるためにはどうしても人と話す必要があると思います。

なぜなら知識というのは、経験してみて初めて自分のものとなるからです。

そのためには、聞こえなかろうが、聞き取れる自身がなかろうが、とにかく飛び込まなければなりません。

海外旅行でも、外国人の集まるバーでも、留学生と関わるでも、いくらでも方法はあるので、今まで勉強してきた英語の単語や表現を駆使して、実際に使ってみましょう!

そうすることで、たとえ、失敗したとして、それはこれがダメだったんだな、次はどういう風に話したら伝わるだろうか、という風に考えられるのでいいことばかりなのです。

あとはシャイにならず、臆せずに自分がどれだけ話せるかです。

話せば話すほど慣れてくるので、次第に英語の発音も綺麗になってきます。

人間は同じ単語を100回発音すると、恥ずかしさが消えるといいますので、まずは、一歩踏み出して、簡単な英語であろうと、話すべきです。

私も相手の言ってることがわからないから話すのが怖いと感じていた時期もありました。

しかし、相手の言っていることがわからなくても、自分の思いを伝えることはできます。

紙に書いてとか、スマホで打ってくれる?、メールで送ってくれる?とか、いくらでも言い様はあります。

逃げる言い訳に聴覚障害を使うのはもうやめようと思いました。

大変なのはみんな同じなので、自分だけが逃げていいわけはないのです。

さぁ英語を頑張って勉強して、世界の人と繋がる楽しさを知りましょう!

最後に

いかがでしたか

英語って難しいですよね
本当に

発音がジャパニーズアクセントだ〜とか

発音良くしようと勉強しても、クラスで茶化されるからいやだ〜とか

日本で英語を勉強するには、日本人の英語に対する完璧主義が大きな邪魔となることがありますね。

でももうそんなこと気にしなくていいんです。

だって日本語も完璧に話せる人がいないのと同じように、アメリカやイギリスの人も完璧に話しているわけではありません。

むしろ完璧に話せない、英語が母国語じゃない人の方が世の中多いわけですから、発音が綺麗じゃなくたって、それは当たり前なんです。

むしろそのアクセントをアイデンティティとして自覚しましょう。

英語を使う上で大事なのは、「英語は所詮ツール」ってことです。

ツールが上手く使えようとも、それを使って何もできなければ意味がないんです。

伝えることが大事なので、自分が何を思っているのか、何をしたいのか、それを表現するために英語があると言うことを忘れないで下さい。

英語が目的になっちゃいけません。

かなり長くなってしまいましたが、私の英語学習についてまとめてみました。

英語学習に役立てば幸いです。

それでは!

スポンサーリンク
ad for desktop1 aki25

コメント

  1. CHAMI より:

    初めまして!
    私も言語が好きで、英語、イタリア語、韓国語、手話を勉強しています。そして写真も学んでいます♩
    ふとした疑問からこのブログに辿りつきましたが、読んで納得しました!有難うございました(^ ^)
    ブログを読んで、お話してみたくなりました♩
    では、留学生活、お身体に気を付けて、かけがえのない経験を〜!

    • aki25 より:

      ブログご覧頂き、コメントありがとうございます!
      共通の趣味が多いですね!
      実はもう留学から帰ってきて、今日本で就活しています。
      またどこかでお話出来ると良いですね 🙂

      • CHAMI より:

        ありがとうございます☺️
        お帰りなさい∩^ω^∩だったのですね!
        いつか北海道にも旅をしに来てください♩オススメありますよ〜☺️
        先ずは、希望の所に就職できますように

  2. MF.io より:

    はじめまして!
    混合難聴(右70db左100db)の小学3年生の女の子をもつ母です(^^)

    今年度から小学英語が始まりました。
    そこでどう取り組もうかと色々調べているなか、こちらにたどり着きました(*^_^*)

    ブログ、これから過去記事も参考にさせてくださいm(__)m

    ひとつお尋ねですが、アキ様が一番初めに英語に出会われたとき、なにからどうされましたか(^^;

    英語が始まることに備えて、アルファベットを生活の中にやたら取り入れてきたつもりです。例えば ATMでお金をおろそう、タクシーはティーエーエックスアイだね~など(*_*)

    アルファベット>単語>文が、聞こえにハンディがある方は習得しやすいですか??

    よろしくお願いいたしますm(__)m

    • aki25 より:

      ブログご覧頂きありがとうございます!
      私が英語の学習を始めた当時は高校二年生で、とりあえず英検に受かることを目標としていたので、英語の基礎を理解するために塾でテキストを使って勉強していました。単語がわからなければ文法がわかっても読めないので、最初にある程度は語彙を増やそうとしましたが、それ以降は文法です。
      難聴者にありがちなのは、耳からではなく目から見て覚えているが故に発音を間違って覚えやすいことですので、そのようにアルファベットを取り入れたりするのはとてもいいことだと思います。また、小学生で学ぶ語彙はそんな難しいものではないと思うので、綴りを言うのも効果的ではあると思います!
      ただ、大事なのはお子さんに問いかけて、自分から疑問や興味を持たせることではないかなと思います。

      これで答えになっているでしょうか。
      またいつでもお聞き下さい ^^

  3. MF.io より:

    お返事ありがとうございましたm(__)m

    参考になります~

    ご想像の通り、小学校英語は語彙は難しくなくまた、少ないようです。
    が、重点がリスニングなんですよね(^^;
    しかもCDも半分くらい使ってのリスニングなので、尚更聞こえにくいのではないかと思います。

    幸い娘は英語に興味を持っていますのでアルファベットや教科書の単語をあらかじめ一緒に予習するなどして、あきさんが仰るように興味を持ち続けてもらえるようにすることが、今は大事なんでしょうね(^^)
    ちなみに、何度も質問すみませんがもうひとつ質問お願いいたしますm(__)m
    親御さんの勉強(英語に限らず)のサポートは幼少期~小学生にどのようなものがありましたか??
    また、親御さんとのやりとりで、今あのときああしてくれて良かったなぁなどのエピソードがあれば差し支えない範囲で教えていただけますでしょうか(*^_^*)
    昔は今ほど聴覚障害への理解がなく、学校、家庭で色々大変だったと思います。

    あきさんのブログ、全てに目を通せていないので、過去の記事に質問のお答えがあるようでしたらすみません(>_<)

    • aki25 より:

      返事遅れて申し訳ありません!
      そうですね。両親も周りに障害を持つ方との関わりがなく、ましてや自分の子どもが障害を持って生まれてくるなど考えもしなかったようですので、かなり大変だったように思います。

      僕が一番ありがたいと感じたことといえば、なんでも興味を持ったものはチャレンジさせてくれたことかな〜と思います。特に教養方面ですね。教育にはお金を惜しまない考え方だったのが一番大きかったんじゃないかと。
      聴覚障害があるからそれは厳しいんじゃない?みたいな見方は全く良い意味を持たないと思うので、本人が興味を持ったものを何でもやらせてみるのがいいんじゃないでしょうか。
      あとは、両親が二人とも、いわゆるできる人だったので、昔僕が「自分達の子どもだからといってできるって期待はしないでくれ」みたいなことを言ったのが印象的だったそうです笑

      全然大丈夫なので、またお気軽にいつでも質問してください!

  4. […] ぎて情報が少なく検索は出来なかった・笑) はい、お話は横道にそれましたが >>こちらからどうぞ☆ まさに「継続は力なり」ですね! ちなみにこちらの座右の銘を表現するには […]

  5. […] て情報が少なく検索は出来なかった・笑) はい、お話は横道にそれましたが >>こちらからどうぞ☆ まさに「継続は力なり」ですね! ちなみにこちらの座右の銘を表現するには […]

  6. 亜由美 より:

    初めまして:)
    私も子供のころから聴覚に少し違和感があり、大人になった現在でも、それに色々凹んだりする時も多いです。が!自分のことは大好きなので凹むことも含んで人生楽しんでる最中です(笑)!
    前置き長くなってすみません。
    今またもや(笑)ちょっと凹んでたのですが、こちらのブログを読んで凄く勇気と元気を貰えました!ありがとうございます!(結構、根は単j・・純粋なので復活は早いです笑)
    本当に凄く素敵なサイトで、めっちゃ役立つ情報を教えて下さって、ほんまにありがとうございます!お陰でモチベーションを上げることができて、めっちゃ嬉しくて、お礼を述べたくてコメントしています!XD

    2年ほど前から独学で英語の勉強を始めて、最近アプリを通して色んな国の人とテキストを送り合ったりして、少しずつ音声でのやりとりも開始したのですが、当然?とはいえ、早速リスニングの壁にぶち当たって今凹みながら検索していたら、こちらのサイトに出会いました!
    その凹みから、「やっぱ無理なんかな~」って思って正直逃げの姿勢に入りそうになってたのですが、今ここのページを読んでて、最後の「逃げる言い訳に聴覚障害を使うのはもうやめよう」という一言がガツンと来ました。
    で、早速こちらで紹介されているサイトの中から気になるものを見て、英語の勉強を今日も頑張っています。ほんまに、ありがとうございます。
    乱文ですみませんが、とにかくこのブログを作って下さって、そして共有して下さって、ほんまにほんまに、ありがとうございます!
    ペースはゆっくりやけど、私も語学学習を日々楽しんで続けていきます!:)

    • aki25 より:

      返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!
      4月から新卒で会社に入って忙しかったので返事できず、、、

      コメントを頂けて本当に嬉しいです!
      励みになれれば自分も嬉しいので、これからもぜひ、英語の学習楽しんでいただけたらと思います☺️